ワードで名前ポエムの作成|お名前詩の作成

名前でポエム

【ワードのページ設定】

※「名前タブ」→「リボングループ名」→「コマンドボタン」の構成です 。

①「レイアウト」→「ページ設定」→「余白」→狭い  にしましょう。

②「レイアウト」→ 「ページ設定」→ 「印刷の向き」→横  にしましょう。

③「レイアウト」→ 「ページ設定」→ 「サイズ」→2Ⅼ版  にしましょう。

※ワードのバージョンは2019です。従来のバージョンと異なる場合もあります。

まごころさん
まごころさん

【用紙のサイズ】 家庭ではコピー用紙A4サイズ、はがきサイズ、写真サイズ(L版)の用紙を使ったことがあるかと思いますが、額のサイズを考慮すると名前ポエムは、2L版以上の大きさ、はがきサイズのポストカードにはプラスの言葉がいいかなぁと個人的には思っています。

【背面を作成】

Word オンライン画像

① 「挿入」→「図」→「オンライン画像」からお好きな画像を選びます。

② 画像が入ったら、必ず「図形描画・書式」→「配置」→「文字列の折り返し」→背面を選にましょう。

③ 画像の大きさの変更や移動をしましょう。額などに入れることを考慮して大きさを決めましょう。

文字列の折り返しは、図形や図、ワードアートなどのオブジェクトの周りにある文字列をどのように折り返すか (周りこませるか) の設定です。

【テキストボックスを挿入しよう】

① 「挿入」→「テキスト」→「テキストボックス」→縦書きテキスト ボックスの描画を選びます。(ダウンドロップメニューの下のほうに出てきます。

② 背景の上で、ワンクリックしましょう。テキストボックス内に、カーソルが入っていることを確認しましょう。

まごころさん
まごころさん

【テキストボックス描画の扱い方】

★ カーソルが出ている⇒ハンドルの黒点または丸の点と点の間の線の上(赤丸あたり)で4つの方向性のポインタに変わればクリックしまよう。カーソルが消えてボックスを選んだことになります。

★ カーソルが出てない⇒ボックス内をクリックしましょう。カーソルが出て入力できるようになります。

【文字の入力】

① カーソルが出ていれば、まごころの『ま』を入力します。入力後にハンドル枠をクリックしておきましょう。(カーソルがない状態)

② 入力した文字のフォントの変更をしましょう。 「ホーム」→「フォント」→フォント

③ フォントサイズの変更をしましょう。 「ホーム」→「フォント」→「フォントサイズ」

④ 文字を大きくすることによって、テキストボックスの大きさも広がるのでテキストボックスの大きさも調整しましょう。

④ ①~④の要領で、『ご』『こ』『ろ』をそれぞれ縦書きテキストボックスで作成しましょう。

各テキストボックスに入力

【テキストボックスの編集】

名前を並べた状態ではテキストボックスの中が白いまま・・・なのでテキストボックスの塗りつぶしをなし にしましょう。この時点ではまだ、テキストボックスの重なりは気にしないでください 。

① 「ま」をクリックしてテキストボックスの枠をクリックします。(カーソルなしの状態)そして、「テキストボックスツール・書式」→「テキストボックススタイル」→「図形の塗りつぶし」→塗りつぶしなし

塗りつぶしなしを選んだので背景が透けてみえますね。ここではまだ、枠線をつけたままにしておきます。 文字の色を一文字ずつ違った色に変更してみました。「ホーム」→「フォント」→「フォントの色」→お好きな色にどうぞ~。

【他の文字も入力しましょう】

① テキストボックスを使って詩を完成させましょう。区切りたいところなどは、新しくテキストボックスで作成しましょう。

②テキストボックスの編集もしましょう。

まごころさん
まごころさん

ポイントは、最初の言葉は大きくしていること! 各テキストボックスをずらして配置していること! 一行に収まらない言葉は、別のテキストボックスでずらして配置していること! などなどです。※枠線を残してあるのは移動させやすくするためです

【イラストや写真を挿入しよう】

① 「挿入」→「図」→「画像」→ファイルから(保存先から)イラストや写真等を選んで挿入します。

② 挿入したイラストや写真等に配置の指示をします。「図形ツール・書式」→「配置」→「文字列の折り返し」→「前面」にします。

③ イラストの大きさを変更しましょう。配置したいところへ移動させましょう。 ④ 微調整をしたら、完成です 。

完成

まごころさん
まごころさん

完成しましたか? なかなかいい感じじゃないですかぁ?

ワードの図形から落款、オンライン画像からフレームを入れてみました。 みなさんも、いろんなポエムを作成してみてくださいね~ ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました